医療法人デンタルクリニックたかはし





 
 金属に過敏な方(金属アレルギー)は、全身に発疹やかゆみが現われてきますが、多くが普段身に付けている貴金属やお口の中の金属が原因で起こります。このような場合、原因となる金属を特定するための検査を行い、その金属を身に付けないようにしたり、除去することで改善されます。
 しかし、金属アレルギーの検査では原因となる特定の金属が分からず、金属アレルギー症状が出る方がいます。このような場合、食物中の金属を疑う必要があります。下の表を参考にし、普段食
べている物の中で特に割合を占めている物があれば注意が必要かもしれません。


※クリックすると上記表が拡大表示されます。

POINT

 一度に全部止めるのではなく、食べる頻度が多い物から一つずつ1週間止めていただき、変化がなければ次に頻度が高いものを選び、同じように確認し、症状が和らぐようであれば更にもう1週間止めていただき、改善の方向に向かうようであれば、その食べ物の中に原因となる金属が含まれている可能性が高くなりますので、できるだけ食べないようにする必要があります。

令和元年6月9日更新


ページの先頭へ